スポンサードリンク




スポンサードリンク

ローン金利計算その3@リボルビングの注意点

ローン金利計算その2でお話した二つの返済方法以外にも現在では様々な返済方法があります。
最近よく耳にするのがリボルビングではないでしょうか?
リボルビングとは、融資を受けて、その返済が終らなくても、約定の一定限度までなら利用件数、借入残高に関わらず、繰り返し融資を受ける事が可能な方式です。
リボルビング返済は、リボ払いとも呼ばれ、返済期間や回数は決めず、予め決まった一定のルールに従って返済していく方式です。
リボルビング返済方法にも沢山の種類があり最近で一番多いのは残高スライドリボルビング方式です。
利用件数、金額に関わらず毎月一定額を返済する方式です。借入残高によって、利息を含む定額の返済額が見直されるリボルビング方式。キャッシングに多く見られる返済方式がこれです。

たとえば、借入が10万円の時は月々1万円の定額返済。借入が30万円を超えた時は、返済の定額が月々2万円に増えます。

残高スライドリボルビング方式にもそれぞれ、残高スライド元金定額リボルビング方式 、残高スライド元利定額リボルビング方式 、残高スライド元利定率リボルビング方式があり、元金の減りが遅い残高スライド元利定額リボルビング方式等は、総返済額は割高になります。

どの方法で金利計算を行っても非常に割高なのがこの方法です。
ただ、返済自体は楽なのでずるずるとこの方法を取ってしまう傾向にあります。

ローン金利計算で大事なことはできるだけ短い期間に返すことが一番です。
posted by 金利計算マニア at 22:57 | ローン金利計算について

ローン金利計算その2@大きく二つの金利計算方法

ローンなどの金利計算方法としては、大きく分けて「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」があります。

●元利均等返済方式
元利均等返済方式は、毎回の返済額を一定にする方法です。
これは、借入金に利息を加えたものを均等に分割し、毎回の返済額を返済期間中一定になるように支払う方式です。
メリットとしては、元金均等返済方式に比べ、当初の返済額が少なく、低収入でも多く借りられます。

●元金均等返済方式
元金均等返済方式は、元金部分を確実に返済していく方法です。
これは、元金部分を毎回一定の均等払いにし、利息部分については、借入金残高に金利(利息)をかけた数字とし、この合計額を毎回支払う方式です。
メリットとしては、確実に元金部分を返済していくので、元利均等返済方式に比べ、総返済額が少なくてすみます。また、回を重ねるごとに毎回返済額も減ってきます。

どちらの金利計算も良く使われるものなのでどちらが自分にメリットがあるかをしっかりしつつローンなどの金利計算をしましょう。

posted by 金利計算マニア at 22:40 | ローン金利計算について
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。